HOMEブログ店長ブログ >換気扇レンジフード(YAMAHA製)のクリーニングでした。

換気扇レンジフード(YAMAHA製)のクリーニングでした。

2018/05/08

こんにちは。

 

おそうじ本舗 我孫子駅前店の坂本です。

 

 

今回は当店のホームページをご覧頂き、初めてお問合せを頂きました柏市のお客様に「ヤマハ製換気扇レンジフードのクリーニング」にお伺いさせて頂きました。

 

 

商品名は「トクラス サイクロンフードⅢ」となります。

 

 

メーカーさん等もホームページ等で案内をしていますが、換気扇自体に凹凸が少なく、私共スタッフにとってはお掃除のし易い換気扇だと感じました。

 

 

では、分解です。

 

 

最初は、正面の左右に有るフィルターを外側に押すと手前に外れてきました。

 

 

オイル受けは手前に引くだけで取れました。

 

 

次に正面の大きなカバーは、上部のボタン2つを押す事で、上から下に口を開くように開けることが出来ます。

 

 

そうすると、その奥にシロッコファンが現れました。

 

 

口を開けた正面のカバーは、左奥のストッパーと下側のフック2箇所から簡単に取り外す事が出来ました。

 

 

そして、正面のカバーが無い状態で、ファンのカバー(リング)とシロッコファンを容易に取り外す事が出来ました。

 

 

ちなみに、照明はLEDで交換用のカバーは無く、LEDの寿命が長い事からだと思いますが、ご利用のお客様が交換するという発想が無いと思われました。

 

※LED照明は上部カバー全体を取り外せば交換が可能なのだと思います。

 

 

分解は、ここまでで完了です。

 

 

後は油汚れを落としていくだけです。

 

 

お掃除がやり易いとは言いましても、換気扇本体が大き目なので、フラットではありますが油の付着する面積は・・・広くなります。

 

 

レンジフードの本体は、先ずナイロンのヘラとペーパー(紙)を使って、丁寧にスクラビングを行い、概ねの油をコソゲ落としました。

 

 

次に、洗剤を使って残った油汚れを浮かして、濡れ拭き⇒乾拭きで仕上げていきます。

 

 

分解取り外した部品は、浸け置き専用のボックス(桶)で温洗剤を作り、浸けて待つ時間の必要は無く、温洗剤に浸けたら直ぐにブラシとスポンジで洗い落とす事が出来ましたしました。

 

※特にシロッコファンには油が頑固にこびり付かない塗装が施されているようです。

 

 

まだ、築3年ほどの新しい換気扇レンジフードでしたので、特別丁寧な作業を心掛けて、2時間を少し超える時間で作業が完了となりました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

とってもお掃除のし易い換気扇では有りましたが、あくまで「他の換気扇レンジフードとの比較」です。

 

 

お掃除をする人の体格や体調などにより、お掃除が困難に思われる場合も多々あると思います。

 

 

お掃除で怪我などしたら大変です。

 

 

何でも、おそうじ本舗 我孫子駅前店にご相談ください。

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

お問合せは ☎04-7186-5888 (坂本まで)

 

   または、下のお問合せボタンからお願い致します。

 

 

 

 

関連のブログを見る