HOMEブログ店長ブログ >標準使用期間&保守サポート期間を過ぎた製品は保証ができません。

標準使用期間&保守サポート期間を過ぎた製品は保証ができません。

2020/10/22

こんにちは。

 

おそうじ本舗 我孫子駅前店の坂本です。

 

 

今回は表題の通り「設計上の標準使用期間と補修用部品の最低保有期間が終了したエアコンのクリーニングは、保証対象外の作業となってしまう」というご案内です。

 

 

これは、製造メーカー様が各商品に「製品の使用期間」「補修部品の保有期間」を設定しています。

 

それに伴い、「使用期間を過ぎた劣化の可能性がある製品」「修理受付や部品の供給がストップした製品」の作業に対しては、保障する事ができません。

 

ご存知の方も多数いらっしゃると思いますが、このページでご案内させて頂きます。

 

 

最初に、当店が分解クリーニングを行なっている、エアコンや洗濯機などには「設計上の標準使用期間」が、シールや説明書などでご案内がされています。

 

エアコンの場合は以下の通りです。

 

パナソニックさんのご案内です。

三菱さんのご案内です。

富士通さんのご案内です。

 

これは、エアコンの製造メーカーさんが、「エアコンは使用期間を10年と設定して設計製造している」というご案内です。

 

分かりやすく「10年を越えてエアコンを使用すると、経年劣化による発火・ケガなどの事故に至るおそれがあります」とも書いてあります。

 

という事は、「製造メーカーさんはエアコンの性能寿命を10年」という事です。

 

 

次に、エアコンはメーカーさん毎にエアコンが故障したときの修理に必要な部品の最低保有期間」を定めています。

 

ネットで調べたところ、パナソニックさんは10年・三菱さんも10年・シャープさんは9年などと定めているようです。

 

 

纏めますと、

 

①エアコン製造メーカーさんは製造から10年で性能寿命を迎えるとしています。

 

②部品交換の必要がある修理は受けてもらえない可能性も有ります。

 

ですから、お掃除屋さんとしては、注意して作業を行いますが、①と②の事から「標準使用期間&保守サポート期間を過ぎた製品は保障する事ができません」と、お客様にお伝えする他ありません。

 

※ちなみに、当店でも加入している損害保険も、一般常識的に考えれば性能寿命を超えた機器に適用するのは難しいと思いませんか? 

 

※他の業種でも同様の事が色々あると思います。

 

 

そのため、おそうじ本舗の本部総合受付では「9年以上経過したエアコンクリーニングでは保証ができない可能性がある」事をお客様にご案内しています。

 

(以下の文面画像はおそうじ本舗のホームページで、エアコンクリーニングの項目に記載してある内容です。)

 

 

しかしながら、実際には10年以上ご使用になっているエアコンは数多くあります。

 

※内閣府経済社会総合研究所公表の消費動向調査「主要耐久消費財の買い替え状況の推移(二人以上の世帯)によると、エアコンを買い替えるまでの平均使用年数は13.6年で、買い替え理由の65.2%が故障によるものとなっていました。

 

 

当店でも、製造から10年超え・20年超え・なんと30年を超えるエアコンも、お客様からのご依頼でクリーニングを行っています。

 

そんな中でも、我孫子駅前店が行った作業が原因(過失など)で、「エアコンが使用できなくなる様なトラブル」は、おこした事が有りません。

 

 

下の写真は、2020年8月に当店が実際にクリーニングを行った1986年モデル(34年前)のダイキン製エアコンです。

ダイキン製で34年前のエアコンです。

(2020年8月に作業実施)

分解クリーニングを行って、破損無し・異常無しです。

この年代のエアコンはリモコンがコードで繋がっています。

エアコンの品番はFTY252BSです。

調べたら1986年製の製品でした。

 

 

作業後には何の問題もなく涼しい風を感じさせてくれました。


※当店は、上記の様な旧式のエアコンクリーニングも実際に行って、問題なく作業を完了させています。

 

 

しかし、中には、電源(コンセント)の抜き差しによる、電気が流れる通電ON・OFFのショックだけで、作業を行っていない室外機の電装基盤の劣化が原因で壊れてしまったという、どんなに注意しても防ぐ事の出来ない出来事は過去に数台ありました。

 

※室外機は風雨の影響を受ける屋外に設置されているため、劣化が早いのでは・・・と思います。

 

※製造から10年以上経過したエアコンは、作業前の試運転でコンセントの抜き差しを行った動作確認をします。

 

 

その他、過去には分解クリーニング中に致命的なトラブルが起こす可能性を感じて作業を中止(判断)した事もあります。

 

 

当店では、お客様のエアコンが今後も継続してご使用になれる事を最優先に考えて、作業を工夫して判断してエアコンクリーニングを行うようにしています。

 

 

ちなみに、エアコンクリーニングには、

 

 エアコンの一般的な使用方法にはない、分解があります。

 

※エアコンの分解では、外装カバー・化粧パネル・風向ルーバーを取り外すために、プラスチック素材を曲げたり・反らしたり・引っ張るなどの行為が必要です。

 

②洗剤と水(微温湯)15リットル程度を使って高圧洗浄も行います。

 

※どんなに注意をしても、エアコンに洗剤や水を掛ける行為は、少なからずエアコンに負荷をかける可能性が有ります

 

 

他社などでは、「10年以上経過したエアコンのクリーニングはお受けしていません。」そんな、お話を聞いた事があります

 

それでも、我孫子駅前店では10年以上・20年以上・30年以上経過したエアコンのクリーニングも、上記の写真の通りお断りした事はありません

 

ですが状況的&物理的に保証ができない事を、お客様にご理解を頂いて作業を実施しています


 

保証はできなくても、作業をお受けしたら責任がある事を自覚していますので、出来る限り慎重な作業で、トラブルは回避する対応をさせて頂きます。

 

何卒、ご理解を頂けます様、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 お問合せは ☎04-7186-5888 (坂本まで)

 

 

関連のブログを見る